ホーム > 赤い羽根共同募金の使われ方
募金の使われ方
赤い羽根共同募金のご案内
じぶんの町を良くするしくみ
赤い羽根共同募金は、民間の運動として戦後直後に始まり戦後復興の一助として、福祉施設を中心に資金支援する活動としての機能を果たしてきました。現在は社会が大きく変化する中で、様々な地域福祉の課題解決に取り組む、民間団体の支援や自分たちの町を良くするために使われ、住民主体の運動を進めています。

運動は10月1日から12月31日まで、全国一斉に行われます。毎年1回、全国一斉に募金を行うため、厚生労働大臣の告示によって、募金期間が定められています。(12月1日からは歳末たすけあい募金も行われます。)
赤い羽根共同募金運動の募金と助成の流れ
<募金の流れ>

<募金方法>

[戸別募金]

町内全世帯を対象に、福祉委員さんを通じて、協力をお願いしています。

[職域募金]
職場内での募金活動により従業員の皆様に協力をお願いしています。

[学校募金]
町内の小・中学校の生徒会を通じ、福祉教育を目的として協力をお願いしています。

[街頭募金]
10月1日から町内各店舗で実施いたします。

[法人(事業所)募金]
社協の役員・共同募金委員の訪問により町内外の企業、商店の皆様に協力をお願いしています。
赤い羽根共同募金のつかいみち
皆様からご協力いただきました赤い羽根共同募金は次のように活用しています。

H29年度予算合計 合計332万円


●県内の福祉団体・福祉施設に ・・・ 93万円



●児童・青少年福祉活動に ・・・ 80万円
●保育園・こども園への協力費(7園)
●小、中学校・特別支援学校へ福祉教育活動費の助成(8校)
●小学校入学児童祝い品贈呈


●ボランティア活動に ・・・ 43万円
●ボランティアのふれあい交流事業
●夏休みボランティア活動体験(小・中学生、高校生対象)
●ボランティア団体助成事業(10団体)


●住民福祉活動に ・・・ 116万円
●ふくしまつり開催費
●地域内での交流会(講演会)
●集落内での福祉活動費の助成
●高齢者のつどい
歳末たすけあい募金のつかいみち
「歳末たすけあい運動」は、共同募金運動の一環として住民の皆様や事業所のご協力のもと、新たな年を迎える時期に、町内にお住まいの支援を必要とされている方々が地域で安心して暮らしていただけるよう毎年12月に実施しています。

H29年度予算合計 合計373万円


●生活困窮者の支援に ・・・ 265万円

●特に生活が困窮な世帯へ支援金を支給(生活保護世帯は除く。)
●日常的に介護がなくては生活が困難な高齢者や障がい者の方を在宅で介護されている方へ支援金を支給


●ふれあい交流会に ・・・ 73万円
町内の75歳以上のひとり暮らし高齢者、高齢者世帯の方が集いふれあいを深め、併せて民生委員・福祉委員・愛の輪協力員と交流し地域福祉の充実を図る。


●正月飾り贈呈事業 ・・・ 14万円
一人暮らし高齢者へ正月飾りを贈呈する


●広報紙発行に ・・・ 10万円
歳末たすけあい運動広報紙発行


●災害等準備金に ・・・ 11万円
大規模災害への対応として積立
共同募金活動助成事業のご案内
琴浦町共同募金活用助成事業
赤い羽根共同募金をじぶんたちが暮らすまちをよくするために使いませんか?例えば、集落での住民福祉活動児童遊具の設置、ボランティア活動、児童・学生の福祉推進、福祉団体の活動、子育てサークル事業など、町内での福祉事業

(助成基準)               
・児童遊具の設置 ・・・ 事業費の1/2以内で10万円を上限とする。
・小地域(集落) ・・・ 5万円を上限とする。
・広域(旧小学校区から町全域) ・・・ 50万円を上限とする。

(募集期間)
毎年 10月1日~12月26日
申請書は本会事務局へ電話またはFAXにてご請求ください。
その他詳細については琴浦町共同募金委員会までお問いあわせ下さい。(電話 52―3600)