ホーム > 会費・寄付のご案内
会費・寄付のご案内
琴浦町社会福祉協議会の財源
会福祉協議会(以下「社協」という)は、社会福祉法第109条において、「地域福祉の推進を図ることを目的とする団体」として位置づけられ、全国・都道府県・市区町村にそれぞれ組織される、営利を目的としない地域福祉の推進を目的とする公的な民間福祉団体です。住民の皆様や法人から寄せられた会費や寄付金、行政からの公費補助等によって運営されています。

【 会費のご案内 】 ~ ご協力をお願いします ~
琴浦町社会福祉協議会では、誰もが安心して暮らせる福祉のまちづくりを目指し、地域福祉活動の推進に努めております。皆さまからの「会費」は、住民参画による福祉活動や住民相互の元気づくり、生きがいづくり活動などの大切な財源になっています。つきましては、本会の趣旨をご理解いただき、皆さまのご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

会 員 会 費
一般会員 特別賛助会員 一般会員 特別賛助会員
琴浦町に居住する者 法人の主旨目的に賛同する者 1世帯当り 1,000円 1口当り  2,000円

【 寄付金のご案内 】
琴浦町社会福祉協議会では地域福祉を推進するための財源となる皆さまからのご寄付をお待ちしております。
ご寄付の方法は、本所または支所までお願いいたします。

琴浦町社協への寄付金について
2011年(平成23年)6月3日、「所得税法の一部を改正する法律」の成立にともない「税額控除」を適用できるという新制度が施行されました。本会は2012年(平成24年)8月16日に鳥取県から、この「税額控除」制度が適用となる法人としての証明を受けました。

これにより個人の方の場合、従来の「所得控除」制度とは別に、ご寄付の金額によっては、より税額が減少となる「税額控除」制度のいずれか一方を適用選択できることとなりました。
なお、「税額控除」制度を適用選択される場合は、確定申告の際税額控除を受けられる法人である旨の証明書の写しが必要でありますので、プリントアウトしてご利用ください。
一般会費・賛助会費・寄付金のつかいみち
皆様からご協力いただきました会費や寄付金は次のように活用しています。


H30年度予算合計 合計1222万円(会費629万、寄付金593万)

H30年度予算合計 合計1222万円(会費629万、寄付金593万)

●法人運営に ・・・ 333万円
会議開催(理事会,評議員会,監査会等)、研修費、事務費(事務機器,電話・郵券代等)、各種負担金 ほか

●福祉委員の設置・研修に ・・・ 84万円
福祉委員手当(154名)、琴浦町福祉大会の開催(表彰式典、福祉委員・愛の輪協力員研修)(平成30年2月予定)

●総合相談事業に ・・・ 7万円
日常生活上の心配ごと相談、法律や年金に関する専門相談を無料で実施

●貸出用具の管理費用に ・・・ 126万円
マイクロバス 2台、福祉用具、イベント用具、テント他、各種レクリエーション用具

●地域住民の交流事業に ・・・ 52万円
ふれあいいきいきサロン助成(39集落)

●福祉だよりの発行に ・・・ 29万円
広報紙「社協の福祉だより」の発行(年4回)とホームページの開設

●祭壇管理、弔花代等に ・・・ 226万円
祭壇3基(修繕、整理、用具)、弔花、災害見舞金

●福祉活動団体の助成(7団体)・事務支援 ・・・ 302万円

●福祉センター管理に ・・・ 41万円
社会福祉センター及び老人福祉センターの管理 

●地域支え合い活動(除雪) ・・・ 15万円

●さわやか福祉給食 ・・・ 55万円

●ボランティアセンター事業 ・・・ 30万円
ボランティア養成・相談・需給調整 

●災害見舞金 ・・・ 15万円
火災及び天災などにより被災された方に見舞金を支給 

●外出支援サービス ・・・ 28万円
高齢者に医療機関への送迎を支援

●誕生祝い贈呈事業 ・・・ 32万円
誕生祝いとして紙オムツを贈呈