ホーム > 社協の仕事 > 困ったとき
困ったとき
暮らし、金銭、子育て、福祉など様々なご相談をお受けしております。お気軽にご相談ください。

【事業内容】
総合相談所 日常生活自立支援事業 フードサポート事業
成年後見事業(法人後見) 苦情解決第三者委員会の設置  
総合相談所
≪事業内容≫
日常生活上のあらゆる相談に応じ、適切な助言や援助を行い、町民の福祉の向上を図ることを目的に、心配ごと相談・法律や年金に関する専門相談を実施しています。

≪心配ごと相談≫
・本所 第1水曜日  9:00~11:00
・支所 第3木曜日 13:30~15:30  

≪法律相談≫  
・本所 毎月第4水曜日 13:30~15:30

≪行政相談≫
・本所 毎月第3水曜日  9:00~11:00
・支所 毎月第4木曜日 13:30~15:30

相談種別 相談員
心配ごと相談 民生委員ほか
行政相談 行政相談員
法律相談 司法書士
日常生活自立支援事業
≪事業内容≫
日常生活に不安をかかえている高齢者や障がい者の方を対象に、生活支援員が日常生活に必要な預貯金の出し入れ・福祉サービスの利用援助・書類の預り等を行い、その人の自立を助け、住みなれた地域で安心して生活がおくれるようお手伝いします。

≪対象者≫
①高齢の方(認知症高齢者、一人暮らし高齢者、高齢者世帯など)
②障がいのある方
日常生活上のさまざまな契約や日常生活に必要な預貯金の出し入れに不安のある方

●あなたは次のことで困ったことはありませんか?

◆福祉サービスを利用したい ◆役所から書類がきたけど
・近くにどんな施設があるのかな?
・通うときいくら利用料がかかるのかな?
・どう書いていつまでに出すのかな?
・電話代こんなに使ったかな?
◆お金の使い方に不安がある ◆通帳の管理が心配だ
・お給料と年金で1ヵ月暮らせるかな? ・通帳と印鑑どこに置いたかな?

このようなときに、あなたの暮らしを守るサービスが日常生活自立支援事業です。あなたの生活とお金を守るために「社会福祉協議会」がお手伝いする制度です。

●だれが使えるの?

高齢者や障がい者など自宅やアパート、グループホームやケアホームで生活している人で、お金の使い方や支払い、書類の書き方やお金の管理などで困っている人です。

●どんなことをしてくれるの?
①さまざまな福祉サービスの利用に関する情報の提供や相談、契約の代行などを行います。
②役所へ提出する書類の書き方や、家賃や水道代など日常生活に必要な公共料金の支払い手続きを行います。
③次の給料や年金をもらうまで安心して生活ができるよう相談にのったり、お金の上手な使い方を助言します。
④家に置いておくと心配な通帳などを安全にお預かりします。
⑤他にも困ったことがあれば相談にのります。

●だれが手伝ってくれるの?
「生活支援員」という人があなたの生活をお手伝いします。「生活支援員」は社会福祉協議会が認めた信頼できる人です。あなたの秘密を守ってくれますので、安心して頼んでください。

●どうすれば使えるの?利用料はどれくらいかかるの?
琴浦町社会福祉協議会に気軽に申し込んでください。まず、あなたがどんなことで困っているか、じっくり相談にのります。相談は無料です。相談をし、手伝ってもらう内容を決めて契約をします。利用料は1時間以内1,200円(以降30分ごとに600円加算)です。
フードサポート事業
町民・企業・商店のみなさんから寄付を募り生活に困窮されている方へ、食材・食品を提供することで自立を支援します。

フードサポート事業の詳細はこちらへ(PDF 96KB)
成年後見事業(法人後見)
認知症や知的・精神障がい等によって、判断が十分にできなくなった場合に家庭裁判所に選任された人(成年後見人等)が代理等を行います。

成年後見事業の詳細はこちらへ(PDF 167KB)


苦情解決第三者委員会の設置
≪目的≫
社会福祉法第82条の規定に基づき、苦情への適切な対応により、福祉サービスに対する利用者の満足感を高め、利用者個人の権利を擁護するとともに、利用者が福祉サービスを適切に利用することができるように支援する。苦情を密室化せず、社会性や客観性を確保し、一定のルールに沿った方法で解決を進めることにより、円滑・円満な解決の促進や事業者の信頼や適正性の確保を図る。

≪苦情処理第三者委員≫
高力弘(山川・民生児童委員)
永田恭子(金屋・民生児童委員)
前畑憲恵 (法万・学識経験者)
西尾昭子(八橋・学識経験者)
藤田明(美好・監事)

≪職務≫
利用者と福祉サービス事業者の双方に中立・公平な立場で苦情解決に向けた助言や話し合いの立会い、改善状況の報告聴取等。
利用者から直接苦情を受付け、サービス事業者へ申し出を行う。