ホーム > 社協の仕事 > 地域福祉活動
地域福祉活動
調査・啓発事業
≪事業内容≫
社協事業・ボランティア活動の紹介、福祉事業に関する情報を発信し、町民に福祉への理解を深めていただくために、ホームページの開設、町内全戸に広報紙『社協の福祉だより』を年4回配布しております。

・福祉サービス利用者への聞き取り調査
・住民参加の学習会の開催
・福祉座談会を実施し、福祉意識の高揚、福祉課題の共通認識、課題解決に取り組みます。

★こちらより最新の広報紙をご覧いただけます。
福祉委員・愛の輪協力員の設置
≪事業内容≫
小地域での福祉活動を推進していくため、各集落に福祉委員・愛の輪協力員を設置していただいております。

  設置人数
○福祉委員とは・・・
●地域の困りごとや課題解決のため、愛の輪協力員や民生委員と連携を図り、社協・役場に連絡や相談を行う。
●地域住民同士の交流や仲間づくりを進める。
●災害時における安否確認や情報伝達
集落ごとに1名
○愛の輪協力員とは・・・
●支援を必要とする方の身近な存在として日常生活の見守りを行い、民生委員や福祉委員などと連携を図る。
●普段から良好な関係を保ち、声かけや話し相手となっていただく。
●災害時における安否確認や情報伝達
対象者1人に1名以上

<対象者>
おおむね65歳以上の一人暮らし高齢者及び高齢者夫婦世帯、障がい者世帯で日常生活に不安を抱えている方
いきいきサロン
≪事業内容≫
誰もが安心して暮らせる地域づくりを目指し、地域住民やボランティアが自主的に行なう憩いの場や仲間づくり、生活意欲を高めるような取組に対して、集落に助成します。

≪運営≫
集落による自主運営

≪内容≫
①実施回数:年間6回以上 ②実施場所:公民館、集会所など
③対象者:高齢者、障がい児・者、子育て中の親子
④参加人数:おおむね5人程度

≪助成金≫
1回 1,000円(上限25,000円)/参加人数が15人以上の場合は、1回2,000円


 
福祉連絡会
≪事業内容≫
集落の福祉関係者が、地域の福祉課題などについて話し合い、気づき、共感できる場所として定期的に開催し、小地域での福祉ネットワークを構築します。

≪運営≫
地区または集落で自主運営

≪内容≫
①実施回数:年間4回以上 ②実施場所:公民館、集会所など ③福祉委員、愛の輪協力員、区長、民生委員ほか

≪助成金≫
1回 500円(上限6,000円)


 

ふくしまつり
≪事業内容≫
福祉のまちづくりに対する理解と関心を深め、いきいきと暮らせる地域づくりと地域に根ざしたボランティア活動の拡充と活性化を図ります。

≪実施期日≫
平成29年10月22日(日)

≪開催場所≫
平成29年度は東伯地域

福祉座談会
≪事業内容≫
地域の中にある身近な福祉課題や社会福祉協議会が取り組んでいる事業やサービスなどについて、集落ごとに伺い説明や意見交換を行います。

≪実施時期≫
随時

≪実施場所≫
集落の公民館など
地域支え合い活動支援事業(除雪)
≪事業内容≫
一人暮らし高齢者(世帯)が積雪により自力で除雪ができず生活および防災に支障をきたす時、地域住民の支え合いにより支援を行なった場合に支援金を支給します。

≪適用の範囲≫
①集落を単位とし、自宅から公道までの除雪支援活動を行なう場合
②長期間に亘り、積雪の堆積が予測される場合

≪支援金額≫
1回(1日)2,000円 1集落に対し5回まで


 
ふれあい交流会
≪事業内容≫
75歳以上の一人暮らし高齢者(世帯)の方と民生委員、福祉委員、愛の輪協力員が交流を深め、小地域での福祉の充実を図ります。

≪対象者≫
75歳以上の一人暮らし高齢者(世帯)、民生委員、福祉委員、愛の輪協力員

≪実施時期≫
11月に日帰り旅行実施
さわやか福祉給食
≪事業内容≫
一人暮らしまたは高齢者世帯で調理が困難な方を対象に、毎週月~金曜日の夕食をボランティアさんの協力により、調理と配送サービスを行ないます。

≪利用日≫
毎週月曜日~金曜日の夕食(状況に応じて1~3回)

≪対象者≫
おおむね75歳以上の一人暮らし高齢者及び高齢者夫婦世帯、障がい者の方で調理の困難な方

≪利用料≫
一食 350円

≪利用方法≫
琴浦町社会福祉協議会本所・赤碕支所まで申し込んでください。
資金貸付事業

≪事業内容≫
自立に向けた生活支援のため福祉資金の貸付を行い、住民が安定した生活を送れるよう支援します。

○生活福祉資金・・・県社会福祉協議会の制度
①緊急小口資金・・・緊急的かつ一時的に生計の維持が困難になった場合に貸付ける少額の費用
②福祉費・・・住宅の増改築・補修に必要な経費、福祉用具の購入に必要な経費、介護サービス・障がい者サービスを受けるのに必要な経費
③総合支援資金・・・失業などにより日常生活全般に困難を抱えた世帯に対し、その自立に向けた活動を支援する費用

○福祉資金・・・琴浦町社協の制度
緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった低所得世帯等に資金の貸付を行っております。(2万円以内)

≪利用方法≫
琴浦町社会福祉協議会本所にご相談ください。

生きがい創造事業
≪事業内容≫
高齢者の生きがいづくりの一環として各種教室を行っております。

教室名
場所
竹細工
本所 いこいの家
陶芸
本所 いこいの家
ちぎり絵
本所 福祉センター
かがりまり
支所 陶芸館
木工
支所 木工館
民踊
支所 琴浦ふれあい事業所2階
囲碁
本所 福祉センター
支所 陶芸館


≪利用方法≫
琴浦町社会福祉協議会本所・赤碕支所まで申し込んでください。

竹細工教室


陶芸教室
貸し出し(福祉センター、マイクロバス、福祉用具、イベント用具、レクリエーション用具)
≪事業内容≫
マイクロバス、福祉用具、イベント用具、レクリエーション用具の貸し出しを行っております。予約は6ヶ月前からです。

●福祉センター(社会福祉センター、老人福祉センター)の会場の貸し出し
申請書はコチラ >>

●マイクロバス(2台)の貸し出し
研修、スポーツ、レクリエーション活動を行う場合
町内の公共団体、自治会、社会福祉団体、ボランティア団体など
申請書はコチラ >>

●福祉用具
車椅子 ・・・ 12台
申請書はコチラ >>

●イベント用
①綿菓子機 ・・・ 2台 ②ポップコーン機 ・・・ 2台
③かき氷機 ・・・ 1台 ④テント ・・・ 6張
⑤たこやき器 ・・・ 1台 
申請書はコチラ >>

●レクリエーション用具
①グラウンドゴルフ ②ペタンク(室内・室外) ③輪投げ ④スカットボール
⑤ボウリング ⑥その他
申請書はコチラ >>

≪利用方法≫
琴浦町社会福祉協議会本所・赤碕支所まで申し込んでください。

本所と支所に各1台配置、各種団体、自治会などのイベント、行事等に使用できます。


車椅子の貸出

琴浦町福祉大会
≪事業内容≫
表彰、講演、実践発表

≪実施時期≫
平成30年2月

≪実施場所≫
まなびタウンとうはく